ジュエリーをリフォームすればずっと身に付けられる

ウーマン

洋服に合わない…そんな時には

お手持ちのジュエリーをリフォームできるとご存じでしょうか?ジュエリーにも流行がありますから、洋服にジュエリーを合わせることが難しいと感じるような時にはリフォームを検討してみましょう。

使いやすい形へ

大切な人からもらったジュエリーは、いつまでも身に付けていきたいと考えることでしょう。ジュエリーリフォームを利用すると、今お持ちのジュエリーをもっと使いやすい形へと変更することができます。

まずは相談すること

場合によってはジュエリーが壊れてしまっている場合もあるでしょう。ネックレスの宝石が取れてしまうことや、割れてしまっていることもあるかもしれません。金属が変形してしまっていると「リフォームは諦めた方が良いかも?」と思ってしまいますよね。そのような場合であっても、リフォームをしてもらえる可能性がありますよ。まずは一度相談するようにしてください!

リフォームの流れ

状態を確認してもらう

まずはジュエリーリフォームを行なっている業者に、ジュエリーの状態を確認してもらう必要があるでしょう。ジュエリーは、使用されている宝石や金属によっては非常に繊細である場合がありますから、まずはリフォームが可能なのかどうかをチェックすることとなります。

イメージの打ち合わせ

リフォームが可能であると判断できた段階で、デザインの打ち合わせができるようになるでしょう。ハッキリとしたイメージを伝えることが難しいと感じるような場合には、近いイメージの写真などを準備しておくと良いですよ。

デザインの確認

リフォーム業者が打ち合わせを元にデザインを検討する事となります。提示されたデザインを確認し、納得することができましたら実際の作業へと移ります。リフォームには時間がかかることもありますから、事前に作業期間を確認しておくことをおススメします。

繊細なジュエリーがあります

これからネックレスなどのジュエリーをリフォームしたいと考えているなら、繊細な宝石や金属についてチェックしておく必要があるでしょう。これらのジュエリーは日常的に取り扱いに注意する必要がありますよ。

取り扱いに注意したいジュエリー・BEST5

no.1

パール

汚れやすく、傷も付着しやすいのがパールです。そのため取り扱いに注意することや、日頃のお手入れを怠らない事が重要になるでしょう。コスメなどが付着してしまうと変色してしまうこともありますから、注意が必要となります。

no.2

オパール

宝石の中でも柔らかいという特徴がありますから、傷が入ってしまう事や割れてしまうようなトラブルが発生してしまうことがありますよ。乾燥した環境だと、衝撃を与えなくても割れてしまうようなことがあるようです。

no.3

エメラルド

ジュエリーの洗浄に超音波洗浄を用いる場合もあると思いますが、エメラルドには超音波洗浄機を利用することが出来ないと覚えておきましょう。お手入れの際には水温が高すぎないように注意する必要もあります。

no.4

ゴールド

ゴールドは純度が高ければ高いほど、柔らかいものとなります。そのため傷が付いてしまうこともあるでしょう。特に細い形状のジュエリーの取り扱いには注意したいところです。保管する際には、他のジュエリーと分けることで傷付いてしまうことを防ぐことができるでしょう。

no.5

ダイヤモンド

ダイヤモンドは比較的衝撃には強いという特徴を持っています。しかし皮脂などの汚れが付着してしまうことで、汚れやくすみが発生してしまう事もあるでしょう。そのため、定期的に拭き取りをするなどのお手入れが必要となります。

広告募集中